資格取得、独立・就職できる資格はこれ!

医事コンピュータ技能検定

★【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

★もう転職に失敗しない!90日で転職に合格するための最強の法則

医事コンピュータ技能検定とは?

医事コンピュータ技能検定とは、
医療秘書教育全国協議会が行っている
医事コンピュータ操作技能を審査・認定する検定だ。

 

医療事務用のコンピュータを扱う技能を試す、
現時点では全国で唯一の検定試験だ。

 

現代は、医療機関のコンピュータ化も進み、
さまざまな部門や部署で活用されている。

 

医療用コンピューターというと、MRIなどの診断システムや、
患者に状況を説明する歯科用システムなどがあるが、
医療事務部門でもコンピュータが導入されている。

 

なので医療事務の現場に事務用パソコンがある場合は、
コンピュータ技能は必須の技能になる。

 

つまり医事コンピュータ技能検定とは、
医療事務用パソコン(医事コンピュータ)によるレセプト作成能力を
試すための検定だという事になる。

 

医事コンピュータ技能検定審査基準は、
医療事務及びコンピュータについての基礎的な知識を有し、
カルテ及び診療伝票を基に医事コンピュータを用いて
正しいレセプトを作成することができる。

 

となっている。


医事コンピュータ技能検定・実施時期と合格水準

医事コンピュータ技能検定は、医療秘書検定同様3つの領域からなっていて、
それぞれ60%以上の得点で合格になる。

 

3つの領域とは、

  • 医療事務
  • コンピュータ知識
  • 実技

で、実技は実際医事コンピュータを使ってレセプトを作成する。

 

さっきも書いたとおり、3領域とも60%以上の正答をださないと
不合格になるため、苦手な部門を得意な部門で補うという事はできない。

 

現時点では、準1級・2級・3級という3つのレベルの検定が実施されている。

 

医事コンピュータ技能検定実施時期は、
年2回で、6月と11月に行われている

 

現段階では、医療秘書検定とは別の日に実施されているようだ。

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加




トップへ戻る