資格取得、独立・就職できる資格はこれ!

就職転職に役立つ簿記2級

★【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

★もう転職に失敗しない!90日で転職に合格するための最強の法則

簿記2級で、就職も有利に!

会計に関する知識は、どんな企業にも必要な知識である。

 

特に経営者には、簿記を中心とする会計知識が必須で、
商家に嫁ぐお嫁さんが、結婚の条件として
簿記検定2級を取ることを言われるといったことが普通にある。

 

なので就職にも再就職にも、会計に関する知識や資格は
他の就職志望者と差別化できる重要な資格になる。

 

しかしこの簿記2級というのは、国家資格ではない。

 

日本商工会議所および各地商工会議所が実施する検定資格である。

 

ただしこれは「商工会議所法」に基づく検定試験なので、
立派な公的資格と言うことになる。

 

商工会議所の検定試験のサイトによると

 

* 企業の経理・会計担当者
* 利益率を重視する営業担当者
* コスト管理を求められる管理者
* 取引先企業の経営状態を把握したい人
* 公認会計士や税理士等の国家資格をめざす人
* 税務申告を自分で行いたい人
* 有価証券報告書等を分析して資産運用を図りたい人

 

などに役立つ検定だという。


簿記会計とは、企業活動に必須の知識

日商簿記検定の各級の目指すレベルとしては、以下のようになっている。

 

1級

税理士、公認会計士などの国家試験の登竜門。
大学程度の商業簿記、工業簿記、原価計算並びに会計学を修得し、財務諸表規則や企業会計に関する法規を理解し、経営管理や経営分析ができる。

 

2級

高校程度の商業簿記および工業簿記(初歩的な原価計算を含む)を修得している。
財務諸表を読む力がつき、企業の経営状況を把握できる。相手の経営状況もわかるので、株式会社の経営管理に役立つ。

3級

財務担当者に必須の基本知識が身につき、商店、中小企業の経理事務に役立つ。
経理関連書類の読み取りができ、取引先企業の経営状況を数字から理解できるようになる。
営業、管理部門に必要な知識として評価する企業が増えている。

 

この下にはもう一つ「簿記4級」というのもあるが、こちらは入門レベルで、就職などにはほとんど役立たない。

 

就職や転職に役立つのは、簿記2級以上になる。

 

なお1級合格者は、税理士試験の受験資格が得られる。

 

税理士試験の受験資格には、法学部・商学部・経済学部・経営学部及び短大・高専における同等の学科の卒業者と言うのが最初に来るので、これに該当しない人の場合は簿記検定1級をとってから税理士試験に挑戦するといい。

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加




トップへ戻る