資格取得、独立・就職できる資格はこれ!

保育士とは?

★【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

★もう転職に失敗しない!90日で転職に合格するための最強の法則

保育士と、保育所の現状

保育士とは、保育所など児童福祉施設で子供の保育を行う国家資格だ。

 

保育士は、平成15年から国家資格として認定された。
だから比較的新しい資格といえる。

 

それ以前で保育施設で働いていた人は、「保母(ほぼ)」さんだ。

 

保育士は、厚生労働省が認定する資格で、
文部科学省が認定する幼稚園教諭とは異なる。

 

なので保育所で勉強を教わる事は、普通できない。

 

さて、少子化で子供人口は昭和の中頃と比べて半分になってしまった。

 

30年前は一学年200万人くらいいたのだが、今は半分の100万人。

 

ところが子供は減っているが、保育所に対するニーズは大きい。

 

というのも共働き家庭や片親家庭が増えていることもあって、
保育園に入園希望をする家庭は増えているのだ。

 

ところがそう言うニーズに保育所は対応できない状況だ。

 

親が働いている場合、子供を預けたいのは
たいていの場合、鉄道の駅前の保育所だが、
駅前はすでに土地が無くて、保育所を新たに作るのは難しい。

 

さらに保育士の数も不足しているので、
保育士のいない無認可保育園も出現し、
問題になっているわけである。


保育士は、保育園以外にも働き場所がある

保育士の働き場所は、保育所だけとは限らない。

 

実は大企業の中に託児所を設置していたり、
福利厚生の一環として保育士をおいている場合も多い。

 

その他にも、病院や幼児教室、福祉施設で、
保育士を置いている場合もある。

 

さらにはデパートやショッピングモールなどの施設でも
保育士のニーズがあり、足りない状況だという。

 

子供の数は減ったけれど、
子供の面倒を見る人の需要は増えたわけだ。

 

なので今後20年は通用する役に立つ資格だろう。

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加




トップへ戻る