資格取得、独立・就職できる資格はこれ!

行政書士資格で独立!

★【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

★もう転職に失敗しない!90日で転職に合格するための最強の法則

行政書士資格とは、

行政書士は、人気の高い資格である。

 

行政書士の主な業務としては、こういう業務だ。

許認可業務

建設業許可、産廃許可、その他の営業許可や認可・免許の申請手続き。

 

国際業務(国籍・入管業務)

日本国籍取得のための帰化申請、在留手続き、入国管理手続き。

 

民事法務業務・予防法務業務

内容証明書、各種の契約書、協議書、会社の設立書類などの作成

 

刑事法務業務

警察に対する告訴状、検察審査会に対する申立書の作成。

 

経理業務、製図業務

記帳の代行、事実調査に基づく図面類の作成。

 

昔で言うと「代書屋」という職業だが、
行政に対して提出する様々な書類を作る仕事だね。

 

ただし弁護士や司法書士などが行う裁判所関係の書類や、
弁理士や税理士などが行う税金関係の書類を作るような
そう言うタイプの業務はできないので、
オールマイティな資格ではない事に注意が必要だ。


行政書士試験に合格するには?

行政書士という資格は国家資格であり、
行政書士でないとできない業務も多い。

 

行政書士試験は、11月に47都道府県で行われる。

 

受験資格は特に制限はなく、
成年していて懲戒処分などを受けていなければ
受験できる。

 

行政書士試験の出題科目は、

  • 憲法
  • 民法
  • 行政法
  • 商法
  • 基礎法学

となっているが、実際に出題されるのは
行政書士業務に関連した法律や法令のみである。

 

他にも知識分野として、政治経済・社会や情報通信、
最近重要になってきた個人情報保護に関する設問もある。

 

多くは五択であるが、一部、記述式の部分もある。

 

合格の目安は、60%以上の得点であるが、
年度によって微妙に上下しているらしい。

 

合格率は8〜9%くらいだが、年度によってかなり上下しているようだ。

 

行政書士試験短期合格術

 

行政書士開業マニュアル

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加




トップへ戻る