資格取得、独立・就職できる資格はこれ!

薬剤師も細分化しつつある

★【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

★もう転職に失敗しない!90日で転職に合格するための最強の法則

薬剤師の資格はどうか

高齢化社会で需要が増えた資格としては、薬剤師もある。

 

薬剤師というと、大きな薬局にいる調剤師というイメージがあるが、
病院などの施設でも働いていたりする。

 

医療の需要が増える事が見込まれているので、
薬剤師の資格も需要が大きな資格だと言えよう。

 

ただし薬剤師になるには、大学の薬学部などで
正規の薬学を修めて卒業する必要がある。

 

現在、薬学部は6年制となっていて、
だから最短でも取得まで6年かかる。

 

これからは医者は治療専門、薬は薬剤師専門、
看護は看護師専門の領域になっていくことになるだろう。

 

しかしそれだけに、薬剤師の資格は
ドンドン貴重になっていくと考えられる。

 

薬剤師になるにはまず、薬学部に入る必要があるが、
薬学部というのは偏差値的にかなり高い学部である。

 

相当の勉強が必要だから、相当の覚悟が必要だろう。


薬剤師にも様々な分野が登場

薬剤師認定制度というのもある。

 

薬剤師と一言で言っても、様々な業務が増えた。

 

薬局で薬を調合したり薬を売ったりする以外にも
特定の病院の特定の病棟で活躍する薬剤師が出てきた。

 

医学や薬学の高度化し専門化したことによって、
特定の医療分野等において高度な知識や技量や経験を持つ薬剤師を
認定する制度が作られるようになったわけだ。

 

様々な認定薬剤師・専門薬剤師資格があって、
薬学系の大学・団体・学会が認定している。

 

たとえば「がん薬物療法認定薬剤師」は、
がん薬物療法の認定薬剤師で、
薬剤師としての実務経験を5年以上有し、
がん薬物療法認定薬剤師認定試験に合格すると申請できる。

 

また「漢方薬・生薬認定薬剤師」は、
「漢方薬・生薬に関する専門的知識を修得し、
能力と適性を備えた薬剤師」を認定するもので、
研修を受け、試問に合格することで認定を受けることができる。

 

薬剤師の世界も、様々な得意分野をハッキリさせる必要があるんだね。

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加




トップへ戻る