資格取得、独立・就職できる資格はこれ!

宅地建物取引主任者とは

★【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

★もう転職に失敗しない!90日で転職に合格するための最強の法則

不動産を扱う仕事には宅建

宅建(たっけん)も人気のある資格だ。

 

正式には、宅地建物取引主任者(たくちたてものとりひきしゅにんしゃ)という名前で、
立派な国家資格である。

 

業務としては、宅地又は建物の売買や交換や貸借の契約を結ぶ前に、
重要事項の説明等を行うという仕事であるが、
不動産売買や不動産の賃貸契約を結ぶときには
必ず必要であると法律で規定された資格となっている。

 

こういう何かをするときには必要とされる資格は、
就職や転職には、きわめて有利な資格になる。

 

宅建が資格講座でいつも人気上位にあるのは、
仕事で必要な資格として認識されているからだろう。

 

特に不動産を扱う企業では、
宅建資格を持っていないとできない業務が多いので、
資格を取得する事自体が昇進や昇級の条件だったりする。

 

なお宅建主任者は、都道府県知事から
「宅地建物主任者証」の発行を受けなければ業務を行うことができない。


宅建主任者試験の合格率は?

宅建主任者は国家試験であり、現在は年一回の実施である。

 

受験資格は現在の所、何にもない。
以前は高校卒業以上というのが受験資格だったが、それもなくなった。

 

だから変な話、子供でも受験可能な試験というわけだ。

 

宅建試験の受験者数は、景気を反映すると言われている。

 

経済が発展している時代には、不動産売買が盛んに行われるので、
宅建試験の受験者数は増えるということらしい。

 

宅建試験の実施時期は、毎年10月になっていて
宅建の受験場所は、自分の住んでいる都道府県で受けることができる。

 

宅建の試験の内容は、
* 土地の形質、地積、地目および種別 建物の形質、構造および種別
* 土地および建物の権利、権利の変動(法令)
* 土地および建物の法令上の制限
* 土地および建物の税に関する法令
* 土地及び建物の需給に関する法令・実務
* 土地および建物の価格評定
* 宅地建物取引業法及び同法の関係法令
となっている。

 

問題形式は、四択のマークシート方式で50問だが、
合格率は15〜17%しかない。

 

また主任者としての登録は、2年ほどの実務経験か登録講習受講が条件で、
試験に合格しただけでは実際に主任者としては登録できない。

 

また不動産に関する法律や法令は、毎年のように変わるので、
毎年毎年新しい勉強が必要な資格である。

 

宅建超高速勉強術

 

宅建勉強法の決定版!山口式宅建スピード合格法

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加




トップへ戻る