第二種電気工事士を取る裏技

第二種電気工事士を取る裏技

★【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

★もう転職に失敗しない!90日で転職に合格するための最強の法則

家庭の電気工事を請け負うには、資格が必要。

団塊の世代が大量にリタイアする時代が到来しました。
そのために様々な業種で人手が不足すると言うことが予測されています。

 

たとえば教員。団塊の世代の教員が続々退職し、
東京都などでは教員不足解消のために、
他府県からも志望者を募ると言います。

 

また近年リフォーム業が盛んになって、
電気工事士などのニーズも発生してきています。

 

電気工事士というのは、簡単に言うと
家屋や商店の電気配線を行う仕事ですね。
電気工事は原則として電気工事士の
国家資格を持ったものでないとできません。
エアコンの設置などで新たにコンセントを引いたりするのは、
無資格ではできないんですね。
だから電気工事を仕事にするなら、
是非とも必要な国家資格と言うことになります。

 

また団塊の世代の大量退職によって、
お店を始めようと言う人も多くて
店舗の内装工事などの需要も毎年あるようです。

 

店舗などの電気配線をしなおすにも、様々な資格が必要で

  • 認定電気工事従事者
  • 特種電気工事資格者(ネオンサイン工事の資格)
という資格をとらねばなりません。

が、これも第二種電気工事士以上の資格を有するのが前提です。

 

こういう仕事は地元密着型の仕事ですから、
お年寄りの多い街などでは需要がずっと見込めるでしょうね。

 

★第二種電気工事士を取る裏技
第二種電気工事士を取る裏技


広告

このエントリーをはてなブックマークに追加




トップへ戻る