資格取得、独立・就職できる資格はこれ!

旅行業務取扱管理者とは?

★【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

★もう転職に失敗しない!90日で転職に合格するための最強の法則

旅行業務取扱管理者とは?

旅行が好きだから、旅行会社に勤めたい。
あるいは旅行会社を立ち上げたい。

 

そう言う場合に必要なのが、
旅行業務取扱管理者という国家資格だ。

 

旅行業務取扱管理者の仕事は、

  • 旅行業務に関する取引公正の維持
  • 旅行の安全の確保
  • 旅行者の利便の増進
を営業所単位で管理・監督することだ。

 

なので旅行会社は、各営業所に1人以上、
旅行業務取扱管理者を選任しなければならないのだが、
この管理者となるには国家試験に合格した者しか
選任できない事になっている

 

つまり旅行会社は支店や営業所を出すたびに、
旅行業務取扱管理者試験に合格した者を、
支店や営業所に配置しないといけないわけだ。

 

だから旅行会社は、この資格の取得者を優遇せざるを得ない。
結構強い資格やね。


国内旅行業務取扱管理者とは?

旅行業務取扱管理者には、実は2種類ある。

  • 国内旅行業務取扱管理者
  • 総合旅行業務取扱管理者
の2つだ。

 

国内旅行業務取扱管理者とは、その名の通り、
国内旅行に関する業務しか扱えない。

 

国内旅行のみ扱う業者や営業所では、
国内旅行業務取扱管理者を
その営業所の旅行業務取扱管理者として選んでも良い。

 

一方、総合旅行業務取扱管理者は、
国内旅行も海外旅行も扱える上位資格だ。

 

この二つの資格は、両方とも国家資格だけれど
試験を実施している機関が違う。

 

試験の合格率
国内旅行業務取扱管理者は、約3割。
総合旅行業務取扱管理者は、約2割。

 

結構難しい試験だが、
国家試験としてはまあまあ取りやすめの試験だ。

 

しかし旅行会社に就職するのであれば、
取得を考えておくべき資格だろう。

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加




トップへ戻る