資格取得、独立・就職できる資格はこれ!

看護師はかなり有利な資格

★【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

★もう転職に失敗しない!90日で転職に合格するための最強の法則

看護師は、介護のオールマイティな資格

看護師(看護婦・看護士)は、介護に関しては非常に強い資格だ。

 

日本は2020年から2030年にかけて高齢化のピークを迎える。

 

高齢者が人口の20%以上を占める社会を超高齢化社会と呼ぶが、
高齢化社会で求められるのが医療や介護の資格である。

 

医療や介護に関連した資格は山ほどあるが、
看護師の資格があるとかなりの業務を受け持つことができる。

 

以前は看護師というと、看護師養成学校でしか受験資格がなかったのだが、
近年は四年制大学でも保健学科や看護学科が設けられ、
卒業すれば看護師試験(国家試験)の受験資格が得られる。

 

他にも准看護士として実務経験を積んで受験する道もある。

 

なんだかんだ言って、看護師資格を取るには3年以上の勉強が必要だが、
逆に言うと看護師資格を持っていると、
医療や介護分やの様々な業務をこなせるので、
引く手あまたの資格だと言える。


看護師になるには?

看護師資格は、医療や看護関係の職場では、
かなり広範なオールマイティな資格である。

 

看護師になるには、看護士養成の専門学校か、
四年制の大学の看護学部や保健学科で
所定の単位を取ることで受験することができるようになる。

 

看護師の国家試験は、例年2月に行われるが、
試験科目は以下のようになっている。

 

1. 人体の構造と機能
2. 疾病の成り立ちと回復の促進
3. 社会保障制度と生活者の健康
4. 基礎看護学
5. 在宅看護論
6. 成人看護学
7. 老年看護学
8. 小児看護学
9. 母性看護学
10. 精神看護学

 

合格には必修問題に関しては8割以上の得点が必要で、
必修問題以外では、毎回合格点が変わる。

 

看護師以外にも医療関係の資格として、

  • 保健師
  • 助産師
  • 診療放射線技師
  • 臨床検査技師
  • 理学療法士

などの国家資格がある。

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加




トップへ戻る